傳田弘顕氏の経歴や「トラスト」の事業内容に迫る!

20世紀に入るまで、広告=マスメディアという考え方が主流でした。テレビ、ラジオ、新聞などに出稿される広告により、 人々は商品の認識を行い、購買につながる流れが形成されていました。しかし、インターネットの登場以降、状況は一変します。

ユーザーの検索履歴などのデータから、個々にカスタマイズされた広告をリーチさせることができるインターネット広告は、少ない予算で大きなリターンを あげることができました。実際に、近年のデータでは、マスメディア(テレビ、ラジオなど)のに出稿される広告額をWebの広告費が上回っているとのことです。

一口にインターネット広告といっても、手法は様々です。YahooやGoogleなどの検索結果に合わせて、広告を表示させる「リスティング広告」Facebookやインスタグラム上で 表示される「Facebook広告」など、媒体ごとに特徴があります。これら全てを自社で運営することは難しいため、Webマーケティングのサポートを専門とする広告代理店が 登場しました。

今回は、そうしたWebマーケティング会社の一つ、トラストについて調査しました。併せて、トラストの代表取締役・傳田弘顕氏の経歴などにも迫っています。

マネートレンディに掲載されている記事はアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただいたタイアップ企画です。

傳田弘顕の経歴を調べてみた!

大学卒業後、都内の出版系の会社にて10年以上勤めた傳田弘顕氏ですが、これまでの経験をもとに、2021年にトラストを設立しました。

トラストには、出版・印刷、WEBマーケテイングの専門家が在籍しており、さまざまなクライアントにニーズに対応をしています。

出版・印刷のサービスでは、傳田弘顕氏のコネクションやノウハウを用いて、出版物のポスティングを用いた広告コンサルティングを 行っています。また、Webマーケティングでは、SEO対策、MEO対策のコンサルティングをもとに、集客・認知施策の改善のサポートを 行っています。まさに新旧の手法のそれぞれの特徴を活かし、クライアントをサポートする事業を行っています。

傳田弘顕氏の経歴!

改めて、傳田弘顕氏の経歴を以下にまとめてみました。

  • 1987年1月4日、東京都狛江市の祖父母の代から続く小さな印刷店の家に生まれる。
  • 狛江市立狛江第一中学校卒業 ・東京都立第一商業高校卒業
  • 帝京大学経済学部経営学科卒業
  • 卒業後は、都内の出版・印刷会社に勤務。2021年に、マーケティング会社のトラストを設立。東京渋谷にオフィスを 構える。

傳田弘顕氏のトラストへの想いとは?

傳田弘顕氏はどのような想いで、トラストを設立したのでしょうか。

核となるのは、「クライアントの要望に期待以上に応えたい」という考えです。 もともと傳田弘顕氏の専門だった出版・印刷・広告業務に加え、新しい時代のマーケティング施策であるWebマーケティングの知識やスキルを 取り入れることで、様々なニーズに応えていく+二つの良いところを掛け合わせることにも成功しています。

オフィスも世界の流行の発信地である渋谷に構えており、時代の動きをキャッチしながら、 広告業界に新しい風を起こそうとしているようです。。

傳田弘顕氏が描く「トラスト」の未来は?

トラストは、今後どのような未来を想い描いているのでしょうか。

傳田弘顕氏はインタビューの中で語っているのは、紙媒体の可能性です。

もともと印刷業を営む家庭で育った傳田弘顕氏は、紙媒体が持つ信頼性に着目しています。

さまざまな情報メディアが乱立している Webと異なり、紙媒体のメディアはコストがかかる分、より信頼度の高い情報を提供しています。 ニュースサイトの情報も元を辿れば、雑誌や新聞の情報というケースも多くあります。

また、いくらWebメディアが発達しても、高齢者などのリーチができない層はあります。そのような層に情報を流していくためにも、 紙媒体という手法や有効だと語ります。

紙媒体の中でも、氏がノウハウを持っているのは、出版物のポスティングです。その中でもフリーペーパーの可能性を説いています。

フリーペーパーは、基本的には地域密着型となっており、その地域に構えるお店や人の情報を掲載させつつ、地域に関係する広告を 掲載します。読む人にとって、より身近な話題だからこそ、Webメディアよりも信頼度が高く、コンバージョンにつながりやすいと言われています。

似たような手法として、折込チラシもありますが、現在新聞の購読率が低下している中、効果は低下しています。また、新聞広告よりも反応が良い といったデータもあるそうです。

傳田弘顕氏は、こうした紙媒体の力を用いた施策に注力していくのではないでしょうか。

紙媒体とWebを組み合わせたマーケティング施策

傳田弘顕氏は紙媒体のみではなく、Webマーケティングに関しても、力を入れています。

紙媒体でリーチできる層と、Webマーケティングで獲得できる層が異なるため、どちらも活かすことで、より多くのユーザーに対しての 施策を展開しようとしています。

今後は映像の領域にも進出することもを想定しているようです。Webマーケティングから映像作成、広告をトータルで行うことで、 ワンストップでのクライアント支援が行えるためです。

さらに、2022年度には、Webマーケティングの文化が発展途上な東北への支社進出も視野にいれているとのことで、 出版・印刷・Web・動画それぞれの強みを活かし、融合させたマーケティング施策で社会への貢献を行っていくのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、トラスト、傳田弘顕氏の事業への思いに関してまとめてみました。

傳田弘顕氏の紙媒体に賭ける想いや、古き良きものと、新しい手法を結びつける柔軟さについて、お分かりいただけたかと思います。

そうした、「人に満足してもらえるように、考え続ける姿勢」はトラストの社内の環境にも反映されています。 何かしらの事情で休みが必要となった場合、年8日ほど、ハッピー休暇を取得できるようです。また、ダブルワークも推奨されており、 さまざまな視点や考え方を持った社員が集まっているようです。

傳田弘顕氏は、紙媒体のメディアに関して、「自分自身を、厳しく、かつ、温かく育ててくれたもの」と語っています。出版不況などが叫ばれ、 紙媒体の効果に対して疑いの声もある中、それでもなお、その価値を信じている傳田氏は、今後どのような未来を私たちに見せてくれるのでしょうか。 傳田弘顕氏、トラストの今後の活躍に注目です。

本特集記事はPRです。