國師康平氏が代表を務めるファンタステクノロジーは未来型の不動産投資!その事業内容を調査しました!

ファンタステクノロジーは國師康平氏が「イノベーションを起こす会社をつくる。」そう決意し、テクノロジーを活用し、不動産業界の常識に挑戦する商品やサービスを開発、提供し続けてきました。今後は、テクノロジーへの投資をより積極的に行い、その進化を一層加速させていくといいます。挑戦する事業領域も、不動産業界のみならず、社会問題を抱える様々な業界や領域に広げていく予定だそうです。

マネートレンディに掲載されている記事はアフィリエイト、広告収入等を目的として取材費や制作費、あるいは掲載費などをいただいたタイアップ企画です。

ファンタステクノロジーってどんな会社?

ファンタステクノロジーは「不動産テック」企業です。不動産テックは 「不動産」と「テクノロジー」を掛け合わせた言葉の略語。不動産に関わる業界課題や従来の商習慣をデジタルテクノロジーで変えようとする価値や仕組みを提供しています。そして、「テクノロジー」と「人」の力で、不動産の未来にいろいろなものを足し続けようとしています。

また、ファンタステクノロジーが掲げている理念は「ファンになっていただける企業になる」。
これは創業以来、同社が大切にしてきた変わらぬ想いだといいます。社員一人ひとりがファンになってもらえるような人になり、ファンになってもらえる事業を展開することで、ファンになってもらえる企業を目指しています。

ファンタステクノロジーは、顧客の人生に「新しさ」「便利さ」「楽しさ」「安心」「希望」を届け続けています。最後のひと工夫、ひと粘りすることや、人としての在り方や未来に誇れる仕事、チームで分かち合いながら部署の越えた働き方をすることで、ファンの連鎖を創造しています。

ファンタステクノロジーの会社データについて

FANTAS technology 株式会社 (FANTAS technology, Inc.)/ ファンタステクノロジー株式会社
・2010年2月22日に創業設立
・資本金 1億円
・従業員 127人(※2022年4月時点)
・事業内容 オンラインとオフラインを融合する※「FANTAS platform」事業
 ・AIを活用した不動産/金融領域におけるマッチングサービス
 ・カスタマーサクセスを重視したクラウド型資産管理アプリの提供
 ・クラウドファンディングを通じた空き家の再生
 ・※Online Merges with Offline(OMO)
・東京本社 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F

ファンタステクノロジーの社長ってどんな人?

ファンタステクノロジーの社長、國師康平氏は自社のウエブサイトに「代表者の声」として、ファンタステクノロジーのこれまで、現在、そしてこれからの事業展望を語っています。その一部を抜粋してご紹介したいと思います。

ファンになっていただける企業になる為に、テクノロジーと人の力でイノベーションを起こすと決意し、2010年に会社を創業しました。アナログな不動産業界でイノベーションを起こすために、ITによる業務の効率化、AIによる価格査定サービスによる取引の透明化、新しい不動産投資の形であるクラウドファンディング、空き家・中古戸建ての流通を促進するプラットフォームなど、業界の常識や慣習にとらわれないテクノロジーを活用した様々な挑戦を重ねてきました。

ITを活用するProp tech(不動産テック)やDX化が当たり前になってきた現在において、IT✕リアルでどのような『顧客体験』を提供できるかを重視し、リアルなセミナーからデータを収集し、顧客価値を高める独自のデジタル・マーケティングやCRMの活用で、PDCAを繰り返していく中でお客様ごとに最適で心地良い体験や新しいサービスの開発に取り組んでいます。

人としての「在りかた」。誇りと責任をもって挑戦し続けること。一見、当たり前に思える、こうした姿勢こそ、企業としてファンタステクノロジーの社長、國師康平氏は自社のウエブサイトに「代表者の声」として、ファンタステクノロジーのこれまで、現在、そしてこれからの事業展望を語っています。その一部を抜粋してご紹介したいと思います。

ファンになっていただける企業になる為に、テクノロジーと人の力でイノベーションを起こすと決意し、2010年に会社を創業しました。アナログな不動産業界でイノベーションを起こすために、ITによる業務の効率化、AIによる価格査定サービスによる取引の透明化、新しい不動産投資の形であるクラウドファンディング、空き家・中古戸建ての流通を促進するプラットフォームなど、業界の常識や慣習にとらわれないテクノロジーを活用した様々な挑戦を重ねてきました。

ITを活用するProp tech(不動産テック)やDX化が当たり前になってきた現在において、IT✕リアルでどのような『顧客体験』を提供できるかを重視し、リアルなセミナーからデータを収集し、顧客価値を高める独自のデジタル・マーケティングやCRMの活用で、PDCAを繰り返していく中でお客様ごとに最適で心地良い体験や新しいサービスの開発に取り組んでいます。

人としての「在りかた」。誇りと責任をもって挑戦し続けること。一見、当たり前に思える、こうした姿勢こそ、企業として最も大切なものだと考えます。お客様から支持され、メンバー全員がやりがいを創造して働ける企業へ。FANTAS technologyは、これからも常に自らの形を変えながら、不動産の未来に様々な価値を足し続けることで、より多くの方にファンになっていただける企業になることを目指します。

どんな人たちが働いているの?

・渡邉 澪(わたなべみお) コンサルティング第2本部 インサイドチーム

コンサルティング企画グループ インサイドチームに立ち上げから参画している。福岡から出て東京の大学に進学し、よさこいの社会人チームでの活動に熱中。1年目は、コンサルタントとして仕事をして、2年目よりインサイドセールスを担当。当初はインサイドチームの中心業務である電話が苦手であったが、元々のコンサルタント経験を活かしたことで、業務内容に自信が持てるようになる。責任範囲を広げて他部署との関わりもより深めていきながら、新しい事に挑戦し続けている。「FANTASに入社を決めた理由はいくつかあるのですが、まず勝手なイメージで、規模の大きな企業だと、その規模感から個人の意見はなかなか通じないのではないかと思っていました。なので、大きい規模の企業ではなく、個の意見がより尊重されるであろうベンチャー企業に絞って探していました。」


・松本 聡実(まつもとさとみ) コーポレート本部 HRチーム

ねぶた祭りが有名な青森県から、視野を広げるためにも情報量の多い東京の大学へ進学。新卒で広告会社に就職し、3年目に実績が認められ、管理職に抜擢。同時に、学生時代から憧れていた人事も兼任しますが人事部専任として経験を積みたいという想いから転職を決意。人事として仲間の未来に寄り添い、FANTASの顔として持ち前の明るさとコミュニケーション能力を活かし、活躍中。「面接が進む中でFANTASの『ファンになっていただける企業になる。』という理念には、社員自身がファンだと誇れる会社を全員で創っていこう、という想いが込められていることを知りました。それまで不動産業界には縁がなかったのですが、その想いは私が企業にとって重要だと感じていた 『社員を大切にすること』そのものだと感じて、この想いをより多くの人に伝えたい、共感してくれた仲間と『社員のことを大事にする会社』を創りたいと思い、入社を決めました。」

ファンタステクノロジーの事業内容とは?

不動産事業にFunを足す「FANTAS platformファンタス プラットフォーム」事業を展開。
「FANTAS platformファンタス プラットフォーム」とは売りたい人と買いたい人、投資をしたい人を、プラットフォームでつなぐ仕組み。不動産の流通を活性化させるというのが、このプラットフォームの役割です。テクノロジーを活用しながら、独立した個々のサービスを繋げることによって、お客様にとって最適なサービスを提供します。

事業内容について更に詳しく紹介します

  • 「FANTAS study」お金の知識を得られるセミナーを開催
  • 「マネカツ」女性のための資産運用入門セミナー、M lifeというオウンドメディアを運営
  • 「FANTAS concierge」お客様のライフプランに合わせて、将来必要なお金を見える化し、人生設計をサポートするサービス
  • 「FANTAS repro」空き家・中古戸建ての物件情報に、リフォーム費用のシミュレーション機能を追加したサービス
  • 「FANTAS check」リアルタイムに投資用不動産の適正賃料・適正価格を査定するサービス
  • 「FANTAS funding」オンライン完結型の不動産投資型クラウドファンディングサービス
  • 「FANTAS link」敷金・礼金・仲介手数料がすべて0円の賃貸物件のご紹介

ファンタステクノロジーはSDGsにも積極的に取り組んでいる!

ファンタスの事業、技術は不動産をもっと身近に、もっと楽しくするためのものです。
成長し続ける為に、地球が健康で、社会が豊かで、暮らしが多様化に富んたものである必要であると考えています。ファンタスは改めてこの重要性を理解し、国際社会から信頼される良き企業市民になることを目指して「SDGs(持続可能な開発目標)」に積極的に取り組む事を決意しました。

SDGs達成の為にどんな取り組みをしている?

  1. 不動産マーケットの透明化と活性化
    誰もが平等に、適切な情報にアクセスできる世界、市場の健全な拡大を目指します。
  2. 中古住宅の価値再生と空き家の問題解決
    中古住宅の再生・流通を促進し、空き家に新しい価値を見出して地域活性化に寄与します。
  3. ダイバーシティ経営の促進と女性活躍支援
    不動産業界で女性がいきいきと活躍できる職場づくり。一層の女性活躍を支援します。
  4. 社員自身がFANになる仕事環境の創出
    ライフスタイルの変化に合わせた多様な働き方ができる職場環境を整備します。

まとめ

ファンタステクノロジーは今後もテクノロジーへの投資をより積極的に行い、一層加速して進化をつづけます。挑戦する事業領域も、不動産業界のみならず、社会問題を抱える様々な業界や領域に広げていく予定です。きっと、常に新しいことに挑戦し続けたいと思う人にとっては、最高に刺激の多い会社になるはずです。テクノロジーと人の力で、世界を、未来を変えていこうと自らの形を日々変化させています。

企業概要

社名:ファンタステクノロジー株式会社(FANTAS technology, Inc.)

創立:平成22年2月22日

資本金:1億円

代表:代表取締役 CEO 國師 康平

所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-3-8 KDX恵比寿ビル5F

コーポレートサイト :https://fantas-tech.co.jp/

事業内容:オンラインとオフラインを融合する「FANTAS platform」事業
・AIを活用した不動産/金融領域におけるマッチングサービス
・カスタマーサクセスを重視したクラウド型資産管理アプリの提供
・クラウドファンディングを通じた空き家の再生”

本特集記事はPRです。