ドローン活用の福祉支援事業パラリンドローンで評判「ドローンネット」と「障がい者自立推進機構」について調査

昨今、“誰もが活躍する社会”というフレーズをよく耳にします。そのフレーズから一般的に想起するのは女性活躍社会が代表的でしょうか?ここではドローンを通じて障がい者の方々の社会進出をお手伝いしている「株式会社ドローンネット」と「障がい者自立推進機構」について紹介します。

福祉支援事業パラリンドローンで評判 株式会社ドローンネットについて

皆さんはドローンと聞いてどのようなイメージをお持ちになるでしょうか。たとえば、ドローンを使った空撮などの映像がニュースに出てくることが多いでしょう。しかし、ドローンは私たちの身の回りのいろいろな場面で活躍しているようです。それではドローンネットはどのようなサービスを行っているのでしょうか。

株式会社ドローンネットとは?

株式会社ドローンネットは、2017年に設立されたドローンを活用した各種ビジネスを展開する企業です。ドローンの本体販売・研究開発からスタートしたドローンネットは、現在ではドローンとITを繋げて、ソフトウェア開発、技術者育成、技術者派遣など、ドローン関連の幅広い事業を行っています。ドローンを用いたサービスは、害獣探索・家屋調査・太陽光のパネルメンテナンスなど、多岐にわたる分野で提供されています。同社で特徴的な事業の一つがドローンの専用資格が取得できる研修カリキュラムの運営です。アプリを使い指示を出す「ドローン管制士」と、ドローンが撮影した映像をライブ配信する「ドローン中継士」の2種類のコースを用意しているようです。全国十数カ所の提携店舗の研修で資格が得られるそうです。費用は3万円から5万円くらいだと言うことです。詳しくは同社のサイトなどに掲載されているそうです。ドローンの運用に興味のある方は研修カリキュラムを受けられてみてはいかがでしょうか。

株式会社ドローンネットの理念とは?

ドローンネットは、ドローンというテクノロジーが持つ力で、世界中の人に笑顔を届けることを目指しています。ドローンは最新技術でまだまだ私たちの知らない使い方がたくさんあると思います。ドローンをより身近なものにして、私たちの暮らしを豊かにしていただけると嬉しいですよね。

株式会社ドローンネットの事業分野は?

ドローンネットが提供する主要な事業の一つは、ドローン専門ポータルサービス『ドローンザワールド』です。このポータルサービスは、エンタメから産業まで様々なドローン製品やサービスに関する最新情報を提供しており、国内トップクラスの情報を提供しているそうです。

◆教育◆
『ドローンザワールド』では、趣味の空撮からビジネス産業まで、様々なドローンの活用に合わせた実践的な教育カリキュラムを提供しているとのことです。操縦技能と知識の習得を強調し、学習者が将来的に自信を持ってドローンを活用できるような環境を整備しているそうです。

◆社会奉仕◆
『ドローンザワールド』は、母体である「ドローンスクールジャパン(DSJ)」を通じて、ドローンと最新のIoT技術を駆使して災害時の救助支援や被害調査に協力するドローンパイロットのボランティアネットワークを築いているとのことです。

◆資格・法律◆
企業や個人向けに、最先端で安全なドローン活用を実現するための操縦技術に関する認定資格を提供しているということでした。飛行レベルや機体の形状に基づいた資格の設定により、安全性を確保しているそうです。

◆機体◆
最新のドローン機体から本格的な空撮向けドローンまで、様々な用途に合わせたおすすめのドローンを紹介しておられます。利用者が目的に合った最適な機体を選択できるよう、専門的な情報提供とサポートも行なっていらっしゃいます。

◆人材◆
『ドローンザワールド』は、一定基準の技能を持つドローンパイロットを業務依頼者に紹介する「スカイクラウド」というサービスも提供しています。このサービスは、パソコンやスマートフォンから簡単に登録でき、ドローンパイロットと依頼者の利便性を重視しているのだそうです。

◆ビジネス◆
最近ではドローンの商用利用が注目され、土木事業や物流サービス、インフラ点検事業、災害救助など新たな分野での実用が進んでいます。このため、『ドローンザワールド』は「ドローン&IoT事業セミナー」を通じて、ビジネスに関するノウハウや市場性、需要拡大の見通しを伝えています。

ドローンネットと一般社団法人障がい者自立推進機構

ドローンネットが関わる福祉支援事業パラリンドローンとそれに関わる一般社団法人障がい者自立推進機構について説明いたします。この法人はどのような事業を通じて障がい者の方の自立支援を行っているのでしょうか。それでは見ていきましょう。

一般社団法人障がい者自立推進機構とは?

一般社団法人障がい者自立推進機構は、障がい者アーティストとひとつのチームになり、社会保障費に依存せず、民間企業・個人の協力で障がい者⽀援を継続できる社会貢献型事業を⾏っています。社会の6%を占める障がい者が抱える「社会参加への周囲の理解のなさ」、「障害への周囲の理解のなさ」、「金銭的な困窮」といった社会課題を解消すべく、様々な企業とともに取り組んでいる団体です。障がい者のある方は誰でも無料で登録でき、支援を受けられます。

一般社団法人障がい者自立推進機構の理念とは?

一般社団法人障がい者自立推進機構の理念は以下の通りです。

「障がい者がアートで夢を叶える世界をつくる」
「パートナー企業の価値を高める」

そのためのミッションとして、下記を掲げておられます。

●障がい者の社会参加と経済的自立推進を通して、企業/団体/個人の価値を高めます
●障がい者とひとつのチームになり、求められるデザイン、魅力的なアートを提供します
●パートナー企業と障がい者の両者に役立つ施策/企画を実行します
●パートナー企業のSDGs貢献の見える化を行います

社会の多くの人々が活躍できるよう社会貢献を行っているようです。

一般社団法人障がい者自立推進機構の福祉事業

一般社団法人障がい者自立推進機構は、障がい者の社会進出をアートという側面から援助する事業を主に行っています。例えば、SOMPOパラリンアートカップには、4,289名もの障がい者アーティストが参加されています。「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」そんなパラリンアートの想いをスポーツの力で応援するコンテストで、受賞者を表彰式へ招待し、「日本全国の障がい者および障がい者アーティストの成功体験の創出・新たな社会参加・経済的自立を作る」ことを目的としているのだそうです。

また、ほかにも障がい者アーティストが制作したアートを商業施設やオフィスなどの内装デザインとして活用してもらうよう働きかけ、障がい者の作品の発信やアーティストの実績作りを行います。パートナー企業に対しては、デザインへの付加価値づくり、アートの活用拡大を行いながら、社会課題解決を両立させているようです。

実は皆さんの近くにあるショッピングモールに障がい者の絵画が展示されていたりするかもしれませんね。

ドローン活用の福祉支援事業で評判 パラリンドローンについて

一般社団法人障がい者自立推進機構の活動を株式会社ドローンネットもサポートしています。それがパラリンドローンと呼ばれる取り組みです。

パラリンドローンとは?

パラリンドローンはドローンというテクノロジーを通して、障害の有無にかかわらず活躍できる場を作り出し、障がい者の社会参加と経済的自立を支援する取り組みです。パートナー企業の取り組みとともに世の中に発信することで社会的な価値を創造し、希望と笑顔にあふれた社会を目指しています。

パラリンドローンで実現することは?

一般社団法人障がい者自立推進機構がドローンパイロット希望者の審査をします。審査後はドローンネットが管理する全国のスカイファイト店舗でドローン飛行に関するライセンススクールを受講した後、ドローンパイロットとして空撮業務などを行うことができるそうです。この講習にかかる費用は「パラリンドローン」が全額負担し、空撮に必要なドローンもパラリンドローンから適宜貸与していく形になっています。これによりパイロットは自己負担なく業務を開始することが可能となります。

ドローンネットはドローンを普及させるだけでなく、障がい者の就労も支援し、かつ得た収益の一部を障がい者を支援している団体に寄付しています。

まとめ

ここまでいかがでしたでしょうか?最新のテクノロジーであるドローンで障がい者を支援するという、新しい形の社会貢献が行われていました。興味がある方は、ぜひそれぞれのホームページで実際の活動がどのように行われているかご覧になってみてくださいね。

会社概要

社名 株式会社ドローンネット
事業内容 デジタルコンテンツ及び情報技術に関する商品とサービス等の企画、開発、制作並びに運営事業
設立 2017年3月
資本金 323,096,650円(資本準備金含む)
代表取締役社長 村上一幸
従業員数 40名
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-3-12
営業本部 〒102-0083 東京都千代田区麹町4-3-4 宮ビル9F
電話番号 03-6261-6018
FAX 03-6261-6084
メールアドレス info@drone-net.co.jp
コーポレートサイト https://drone-net.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA